テレアポ代行

医療・介護特化の営業代行・新規事業の営業コンサルティング
名称未設定-1.gif




「購入してもらえれば、この商品・サービスは、お客様に喜んでもらえる自信があるのに・・・」
しかし、然るべきお客様に、然るべきタイミングで出会えなければ、自社商品・サービスの良さを理解いただく顧客創出活動は出来ません。
その一方で、自社で医療機関へのアポイントを取り付け、営業のために訪問するという形態がごく一般的な営業方法ですが、果たして本当に効率的と言えるでしょうか。
テレアポをアウトソーシングすることで、貴社の営業スタッフは訪問営業のみに特化することができ、劇的に効率の良い営業活動になります。例えば、自社で1日1件のアポイントを獲得する場合、1日30件以上のテレアポをこなしながら、並行して訪問営業も実施することになります。すると、訪問営業が入っている時間はテレアポができないため、当然新しいアポイントは獲得できません。その結果、商談に出かける日はアポが取れない、アポ取りの日は商談に出かけられないといった状況になりがちです。
アポ取りはアウトソーシングに任せ、大事な商談を営業スタッフが訪問する仕組みを構築することで、従来と比べて格段に効率の良い営業活動を実現することができます。

<支援内容>
 ・プロジェクト開始前に営業戦略についてヒアリングし、トークスクリプトを設計します。
 ・コールリストをご用意頂くか、リストが無い場合は弊社保有のリストを特別な価格でご購入頂きます。
 ・月1回、報告会を実施。検証しスクリプト等を改善していきます。
 ・コール実施翌朝までにコールサマリをメールします。
 ・詳細情報はエクセルをウェブ上で共有します。(情報管理についてはご相談ください)
 フェーズ1:Plan
 ・営業戦略(主に4P、ターゲット、競合情報等)をヒアリングし整理
 ・アポ取り用のトークスクリプトを作成します
 ・コールリストを作成します
 ・細かいコールルールを設定します
 ・アポ取り可能なスケジュールをすり合わせます(ウェブでカレンダーを共有)
 フェーズ2:Do
 ・コールを開始し、アポを取っていきます
 ・必要に応じて日々情報共有します
 フェーズ3:Check
 ・最終週にコール報告会を実施します
 ・目標と乖離している箇所を改善し営業部へ落とし込みます
 フェーズ4:Action
 ・改善した営業シナリオに沿ったトークスクリプトを作成
 ・新しい営業シナリオでテレアポ実施
 ・同様にPDCAを繰返し行っていく

<料金の目安>
【初月】
・業務基本料(10万円)+トークスクリプト設計費(5万円)+テレアポ代行費(40万円/リスト100件)
 +リスト料金(持ち込み可)+通信料(電話料金)込み
【2ヶ月目以降】
・業務基本料(10万円)+テレアポ成果報酬(1アポ単価は初月のアポ率により決定)
 +リスト料金(持ち込み可)+通信料(電話料金)込み
・業務委託契約は毎月自動更新となります(解約は1ヶ月前通知で可能です)