医療特化のテレアポ代行・インサイドセールス代行

テレアポはリード獲得だけでなく、リードのスクリーニングにも役立つ営業活動の効率化に有効な手段です。

医療業界に特化したインサイドセールスノウハウに基づき、営業活動を支援します。

医療特化のテレアポ・インサイドセールスとは?

インサイドセールスは、効率的で質の高い見込み客を育成・獲得する仕組みです。
変化するビジネス環境に対応し、限られた人員の中で営業活動を行うためにはインサードセールを取り入れ、営業プロセスの仕組み化を図ることが重要です。

当社では、テレアポによるリードの獲得から、セミナー等で獲得したリードの確度ごとの分類(スクリーニング)からリード育成(ナーチャリング)まで予め決めたルールに従って架電を実施します。

医療業界の顧客心理と向き合ってきた担当者が、戦略作成からインサイドセールスまでを代行。

営業フロー確立を丁寧な伴走型コンサルティングで実現に向けてサポートしています。

幅広いジャンルや各事業フェーズに合わせた支援が可能

医療機関向け製品・サービスであればすべてのジャンルに対応可能です。

新規事業の立ち上げ支援、拡大フェーズの支援や既存顧客へのアップセルなどもご依頼いただいています。

活用事例

・株式会社 レスコ様    既存営業戦略の見直し活用

選ばれる理由

お客様とのコミュニケーションを綿密に取り、より良い営業活動となるよう取り組んでいます。

外部でありながらも一つのチーム体となって、成果を目指していきます。

Technology高水準のアポ獲得率

過去最高実績43%。

クリニックの平均でも8%前後

とアポ率には自信があります。

Trust案件にフィットした営業戦略

最高の作戦が最高の成果を生み出します。徹底した戦略会議と

PDCAで結果を追求します。

Usability体系化された営業の仕組み

体系化した営業プロセスで誰もが納得するシナリオを構築。チームのボトムアップを図ります。

サービス提供の流れ

テレアポ・インサイドセールス代行サービスは単なる架電業務にとどまりません。

最大の成果を上げるために、お客様と共に戦略を立案・ブラッシュアップしてから実行に移ります。

STEP1

営業戦略策定会議

独自フレームワークを使用し、STP・USP・セールスシナリオなどポイントを整理します。

STEP2営業資料の作成

トークスクリプトの作成

会議で決定した内容を基に、営業資料の作成、トークスクリプトの作成を行います。

STEP3

架電開始

架電での反応を見ながらトークスクリプトの修正、定期会議で PDCAを回していきます。

架電開始後の流れ

日次報告、週次報告、月次報告を行います。

日次報告書では、アポイント情報だけではなく架電時に得た情報や、NGの場合の理由も記載いたします。

月次営業コンサルティングでは、PDCAを回しながら進捗の共有・課題の把握と対策を行います。

料金(税別)

営業戦略策定期間

営業戦略策定会議費:50万円

営業代行期間

月次営業コンサルティング費:10-30万円/月

業務管理基本料:10万円/月

テレアポ代行費:40万円/月(200ユニーク)

電話回線費:2万円/月

リスト費:持ち込み可

コストの比較

正社員を新規採用した場合、人件費は固定費となります。

しかし、アウトソーシングした場合は変動費となります。必要なプロジェクトの時だけ依頼できる為、新規採用にかかるコストと比較すると差は歴然です。

医療業界を熟知、戦略作成、実行、共有化を可能な人材を新規採用した場合

850~875万円/年=年収+社保等(700万円)+年収の30~35%採用コスト(150~175万)

アウトソーシングした場合

例)230万円/5ヶ月=営業戦略策定会議(50万円)+業務管理基本料(10万円×3ヶ月)+月次営業コンサルティング費(10万円×3ヶ月)+テレアポ代行費(40万円×3ヶ月/月200施設)

このサービスに関する記事もご覧ください